着床のこといろいろね

着床におけるプロゲステロンの役割・働き

プロゲステロンは、エストロゲンと並んで妊娠などに重要な役割を果たす女性ホルモンで、卵胞ホルモンとも呼ばれます。卵胞とは、排卵されるまで卵子が入っていた卵巣にある袋のことで、卵子が出た後の卵胞は卵黄化してプロゲステロンを分泌するようになるのです。排卵後2週間にわたって分泌を行い、妊娠がしやすい状態を整える働きをもつホルモンです。

 

プロゲステロンの具体的な働きとしては、まず基礎体温を上昇させるということがあります。妊娠しようがしていまいが、排卵すると女性の体は高体温期に入り、体温の高い状態が生理が始まるまで2週間ほど続きますが、それを促しているのがプロゲステロンです。体温を高い状態に保つことで、血行を促進し、子宮内膜などが十分な栄養を蓄えつつ、ふわふわの着床しやすい状態を維持する働きがあります。子宮内膜の状態は、着床において非常に重要な役割を果たしますから、プロゲステロンがきちんと分泌されているかどうかは、妊娠の可能性を大きく左右します。普段数ミリ程度の厚さしかない子宮内膜を、排卵後は着床のタイミングに併せて1センチもの厚さにしておかなければならないのです。そのため、不妊治療の場合はプロゲステロンの分泌量を測定し、不足していたらホルモン剤などによって治療が行われます。

 

また、プロゲステロンは妊娠の継続にも重要で、不足しているとせっかく受精・着床しても流産してしまう可能性もあります。そのため、プロゲステロンの分泌が少ないと判断されたら、妊娠中は継続して黄体ホルモンの治療をうけることが多いのです。また、体外受精などを行った場合には、排卵が行われてその後黄体ホルモンの分泌が行われるべきところなのですが、排卵前の卵子が採取されてしまうために、自然妊娠のケースとは異なり黄体ホルモンが分泌されないことになります。そのため、妊娠を継続させるために、プロゲステロンの補充をおこなうことになるのです。

 

その他、プロゲステロンには乳腺の発達を促す働きもありますが、プロゲステロンはPMSと呼ばれる月経前症候群の原因でもあります。排卵や生理前後の大きなプロゲステロンの量の変化が、生理前のイライラや、頭痛、腹痛と言った心や体の不調を引き起こすことになっているのです。もちろんすべての人がPMSになるわけではありませんが、毎月のことだけにかなり辛いもの確か。プロゲステロンもエストロゲンも、女性ホルモンは着床や妊娠の継続に重要な役割を果たしますが、生活習慣を整えるなどして、ホルモンバランスを維持することも大切です。

 

チャットレディ求人
http://xn--dckzcgqe4npc.ws/

女性ホルモンを増やす方法、日常生活で心がけること

女性ホルモンは、妊娠に関係なく女性の体の中で常に分泌されているホルモンです。女性を女性らしくしてくれる女性ホルモンは、美肌など美容のために欠かせないのはもちろんですが、妊娠しやすい体作りにも欠かすことはできません。実際、エストロゲンやプロゲステロンは不足していると妊娠がしづらいため、ホルモン剤などを投与することもあるほどです。とはいえ、出来るだけ体内での生成量を増やすことで、美しさを磨き、妊娠しやすい体にしたいもの。年齢とともに女性ホルモンの分泌量は減少してしまいますが、それを増やすためには、日常生活で気を付けるべきことがいろいろあるのです。

 

まず大切なのは、ストレスのたまらない生活をすることです。ストレスは、イライラして毎日楽しく過ごせなくなるだけでなく、女性ホルモンの分泌を妨げる副腎皮質ステロイドというホルモンが生成される原因になります。ストレスのない生活をすることで、副腎皮質ステロイドを作らせないことが女性ホルモンの生成を助けることになるのです。ストレスを溜めないためには、ストレスを受けやすい環境に自分をおかないことや、感じたストレスはその都度解消していくことが大切となります。たとえばどうしても日々の仕事が辛いのであれば、もっとイキイキ働ける職場への転職を考えたり、休日や終業後にストレスが解消できる趣味をもつのもよいでしょう。夜更かしせずに早く寝て十分な睡眠をとることで、成長ホルモンが豊富になり、疲労を回復することができるので、睡眠も重要なポイントになるでしょう。

 

また、お風呂にゆっくりつかったり、アロマテラピーなどでリラックスできる時間を持つことも有効です。女性ホルモンの分泌を促す百会や壇中などのツボを押したり、マッサージしながらお風呂に入るのもいいでしょう。場所を覚えてしまえば、道具も使わずいつでもどこでもできるツボ押しは便利です。女性ホルモンの分泌はもちろん、リラックス効果もあるので、ストレスの解消にもつながります。

 

そして、恋をすることも女性ホルモンを増加させると言われています。動物が発情期になると性ホルモンが増えるように、女性も恋をすると女性ホルモンが増加するの。排卵期にエストロゲンの分泌が増えるのも、異性を引き付け、子孫を残したいという本能によるものです。もちろんストレスは逆効果なので、できれば辛い恋でなく、楽しく恋をして、女性ホルモンの分泌を促すようにするとよいでしょう。